FC2ブログ

トップ > 湯ったりみささ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3日4日は三朝温泉「花湯まつり」

こんにちは、いいお天気の三朝温泉です

春らしい暖かさになってきました!!

さて、間もなく5月です。
毎年、5月3日4日は三朝温泉「花湯まつり」が開催されます

このお祭りは、お釈迦様の誕生を祝い
湯の恵みに感謝するとともに、
その年の豊作と商売繁盛を願う綱引き神事『陣所』が祭りのメインです。

温泉本通りで行われる『陣所(大綱引き)』は東西に分かれて引き合う伝統行事で、
「東が勝てば豊作、西が勝てば商売繁盛」と言われています。

藤カズラで編んだ長さ約80m、重さ約2tの綱に触ると無病息災といわれ、
多くの観光客が綱引きに参加します。
カズラで作られた縄は全国でも珍しく、
三朝温泉では『陣所の館』大綱引き資料館でこの陣所の綱を展示・紹介しています。


【陣所の特徴】
『陣所』の綱には雄綱と雌綱があり、先端には壺口という輪を作って持ちます。
三朝温泉街を東西に分ける場所に「緑門」をつくり、
そこへ夕刻になると綱、壺口を”ドシンドシン”と地面に打ちつけながら引き出します。
緑門を挟んで雄綱が東、雌綱が西に揃った所で、神官のお払いがあり、
開始の合図とともに雌雄の綱を若衆が持ち上げ空中に建てます。
その立ち上がった綱の上へ各々一人づつが乗り、壺口をコントロールします。
3〜4回のもみ合い、絡み合いの後、雌綱の壺口へ雄綱の壺口を通し、
「かせ木」という貫き棒を差し込み固定させ、統合させます。
それと同時に緑門上の大提灯が消され、
これを合図に地元民、観光客数百人が「ワッショイ、ワッショイ!」と引き合います。
総指揮者1人、取締りが東西10人づつ出て提灯を振り、綱を引く呼吸を合わせます。
勝負の時間は短くて10分、長いときには30分を超えることがあります。

何度見ても自然と力が入ってしまうくらい勇壮なお祭りです。
両日とも打ち上げ花火も上がます!!

ぜひ、お誘い合わせの上三朝温泉へお出かけ下さい。


Powered by FC2 Blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。